CASESTUDY 導入事例

工業デザイン&製造

ハイスラー式蒸気機関車における⅛インチスケールの構築

2021.08.16 更新

Artec Leo

レックススミス(オレゴン州ポートランド)は、2002年に引退するまで、マイクロソフトのMSN®オペレーションのコーポレートバイスプレジデントでした。
レックスは、世界中のWebに無料の電子メールサービスを提供した最初のスタートアップ企業のCOOでもありました。その会社はHotmail.comであり、1996年にレックスの息子ジャックスミスとサビールバティアによって共同設立され、その後1998年1月にマイクロソフトに買収されました。

レックスは引退後、ポートランドに設備の整ったワークショップを開催し、現在は地元の産業にビルドツープリントのフライス盤と旋盤のサービスを提供しています。
これまでCADまたはCAMの経験がなくても、レックスは過去5年間、McNeel&AssociatesのRhinoとMecSoftCorporationのRhinoCAMの実装に成功しています。レックスはまた、ハイスラー蒸気機関車の実用的な⅛スケールレプリカを製造しているスケールモデル鉄道への情熱に時間を費やしています。

「私はRhinoCAMに完全に満足しています。あなたのソフトウェアが働いているとき、変更する必要やありません。特にテクニカルサポートに満足しています。問題が発生し、ファイルのコピーを記載したメールを送信して、1時間以内に回答が返ってくることもありそれは非常に素晴らしいことです。」

レックスの店で建設中の⅛スケールのハイスラーV2エンジンのレプリカ

キャスシーニックレイルロードで稼働中のハイスラーエンジン

CONTACT 問い合わせ