LINE UP 製品詳細

VisualCAM 2021

機能強化されたVisualCAM 2021についてご紹介いたします。

PRODUCT FEATURES 製品特徴

機能強化

機能強化

  • ブロックの取り扱いが強化され、より堅牢になりました。
  • VisualCAD/CAM 用のウィンドウシステムの新しいバージョンが 2021 製品に統合されました。
  • Machineworksの新しいシミュレーションライブラリは、すべての機械加工モジュールに組み込まれました。これらのライブラリは、マルチスレッドのパフォーマンスを大幅に向上させただけでなく、多くの報告された問題を修正しました。

ライセンス

ライセンス

  • インターネットの問題のためにロックアウトされているノードロックライセンスを自動的に修正する機能が導入されました。
  • Centos 7.0 のサポートが MecSoft ライセンス サーバー製品に追加されました。

モジュールの新機能

ユーザビリティの強化

加工操作のクローンコマンドが実装されました。

新しいポップアップメッセージ表示ウィンドウが実装されました。これらのウィンドウは情報メッセージを表示し、ユーザーの操作は必要ありません。

加工操作に関連付けられたスピンドル速度がオペレーション情報ダイアログに表示されるようになりました。

ダイアログの写真は、システム全体でより具体的な加工が行われています。

備品の機能強化

フィクスチャは、フィクスチャのジオメトリが更新されると、関連付けられた操作が再生を必要としているとマークされるように、加工操作とより緊密に関連付けられるようになりました。

2軸の機能強化

フェイストップ加工と呼ばれる新しい加工方法が実装。このメソッドを使用すると、システムは最小のカット数を使用して、ストックモデルの上部を機械加工するための最適な角度を計算します。

ブリッジは、彫刻操作で作成できるようになりました。長方形ブリッジと三角形ブリッジの両方を作成できます。

2軸プロファイリング操作に対してユーザーが選択したスタートポイントが実装されました。

プロファイリングとポケット加工の方法で、ツール半径によって外部コーナーを自動的に丸める設定が実装されました。
こちらは、インレイを作成する場合に役に立ちます。

3軸の機能強化

適応型荒削加工法と呼ばれる新しい加工方法を導入。 アダプティブラフにより、カッターは一定のエンゲージメントで材料を除去するように移動できます。この方法は、スムーズな切断が行われていることによる工具と機械寿命を節約する能力を有します。(この方法は別途ライセンスを受けた方法で、別途購入する必要があります)

3軸水平仕上げでユーザーが選択したスタートポイントが実装されました。

カット転送が強化され、接線リフトを追加したり、高速加工ツールパスのフェデレーションを削減したりすることが可能になります。

ツールパスと同じ高さで移動モーションを使用する高速ツールパス

接線リフトを追加したモーションを転送

水平仕上げのクリアフラットオプションは、不要なツールパスを削除するために強化されました。

4軸ツールパスの機能強化

4軸投影ポケットで複数の粗いカットレベルが導入されました。

駆動面加工におけるヘリカルパターンが導入されました。

4軸駆動面加工に使用される駆動面

サーフェスを加工するために作成された新しいらせんツールパス

複数のパスを実行するときに、4軸彫刻でジグとジグザグの間で選択するオプションが実装されています。さらに、[切り取りレベル]ダイアログは、2¹/₂軸カットレベルダイアログと同様に行われています。

5軸ツールパスの機能強化

工具軸制御の追加制御は、5軸加工法のすべてに実装されています。これにより、同時5軸加工のための狭いスペースでの工具軸の制御が向上します。

5軸加工用の新しいModuleworksツールパス生成ライブラリは、製品と統合されています。

穴あけ機能の強化

穴の選択動作がホールポケットおよび穴のプロファイリング操作で変更されました。


穴のポケットと穴のプロファイリングの両方にフィルターを含む穴の選択のためのダイアログ

ツールパスエディタの機能強化

別のツールパスバックプロットモードが追加され、現在の行がツールパスエディタウィンドウでハイライト表示されます。

ツールパスエディタに別の[診断]タブが追加され、次の機能が埋め込まれました。

  • ツールパス診断レポートダイアログが実装されました。この診断ダイアログには、ツールの衝突、逆巻きなどの診断が表示されます。
  • エラー ナビゲーション ボタンは、あるエラーから次のエラーへのナビゲーションを容易にするために実装されました。

フィード/速度の強化

ツールで保存されたフィードと速度の情報が、CSV形式のツールライブラリに書き出されるようになりました。

シミュレーションの強化

シミュレーションがオペレーションツリー内の操作から次の操作に切り替わったときに、グラフィックス表示が合理化されました。

フォロー、トレース、セグメントのツールパス表示モードが実装されています。

工作機械シミュレーションの強化

追加の工作機械モデルは、インストールされた工作機械シミュレーションライブラリの一部として追加されました。

ナレッジベースの機能強化

保存された在庫を使用する機能、または保存されたルールに基づいてストックモデルを作成する機能が実装されています。

現在のジオメトリに基づいてストックを作成する機能とカラーフィルタを使用する機能が実装されています。

ポストプロセッサの機能強化

プログラム可能な新しいポストプロセッサが導入されました。このモジュールは、ポストプロセッサエンジンの大幅な機能強化です。ユーザーはPythonプログラミング言語を使用して投稿を作成できます。

レガシーポストプロセッサの場合、spmファイルからファイル拡張子の定義を選択できるようになりました。

従来のポストプロセッサにワークゼロオフセットのマクロを出力する機能が実装されました。

上記の他に、複数のバグも修正されました。

LINE UP

CONTACT 問い合わせ