CASESTUDY 導入事例

工業デザイン&製造

McCafferty Dulcimers 社

McCafferty Dulcimers 社

2021.08.16 更新

Artec Leo

テキサス州ブルックシャーにあるMcCafferty Dulcimersは、1993年以来、アパラチアンダルシマーを作り続けています。
オーナー兼オペレーターのTerry McCaffertyは、大工の父親と一緒に木工を中心に育ち、初めの頃はキャビネットメーカーで働いていました。彼は後にエンジニアとして教育を受け、40年間製品の設計と開発に携わりました。テリーは、彼が開発した大型機械に関連するいくつかの特許を保有しています。

アパラチアンダルシマーは、通常、膝の上で演奏される楽器です。
この楽器は19日初頭に米国で最初に登場しました。この楽器には既知の前例がありませんがアイルランドまたはスコットランドでは、広範な研究により、いくつかの異なる期間を通じて楽器の開発が追跡されており、1700年代から1800年代半ばまで、スウェーデン、ノルウェー、ドイツ、フランスの同様の楽器が起源である可能性があります。

テリーの構築方法は2つの世界からのものです。伝統的な工芸品は個人的なタッチを可能にし、手元の素材に適応し、ダルシマーデザインの芸術を進化させます。
現代のCNCマシンの世界は、必要に応じて精度を高め、予測可能な結果を​​得るための再現可能なプロセスに対応しています。多くの機械加工器具と詳細なプロセスが、各マッカファティダルシマーの製造に使用されます。テリーが各楽器を作るとき、「もっと良い方法はありますか」という言葉が常に頭に浮かびます。テリーのスタジオは、目前の各タスクに最も効果的なアプローチに対応できるように設備が整っています。

「問題が発生し、テクニカルサポートのためにMecSoftに電話すると、すぐ対応をしてくれます。
今日、問い合わせをしても実在の人物と話すことができない企業がほとんどです。MecSoftテクニカルサポートは誰にも負けません!」とテリーは誇らしげに言っています。

CONTACT 問い合わせ